2018年05月26日

オオヤマレンゲは・・、北岳コースへ

5月26日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P5250006.JPG

今年はサクラに始まり何もかも開花時期が早めなので、うかうかしていると見落としてしまいそうに
なり、花の追っかけに急かされているがさて、オオヤマレンゲはどうだろうか。
先日は行者堂近くのを確認に行き、今にも咲きそうな沢山の蕾を見たばかりだが、今回は北岳コースを
廻ってみよう。
新聞社に英彦山の初夏の花として取材をお願いしているので、丁度見頃の時期を見逃すわけにはいかず
何回も下見に登らなければね。

8時に豊前坊から登り始める、朝の澄んだ空気の中気持ちが好いなぁ。
ここの境内で聞くアカショウビンの声を期待していたが、今朝はツツドリが鳴いている。
ポッ・・、ポッ・・、ポッ・・、なるほど茶筒を叩いているようだな。

P5250021.JPG

溶岩壁に到着。

P1720505.JPG

目的のオオヤマレンゲ、今にも咲きそうだがまだ蕾でした。
明日の山開きには、咲くかな・・どうだろう・・、と云う感じ。
この近くにもう一本あるので行ってみたらそこもまだまだ蕾、それでも花数は多いみたい。

P1720507.JPG

少しがっかりしながら岩場を見上がると、ベニドウダンが沢山咲いている。

P5250025.JPG

P5250022_collage.jpg

P1720510.JPG

稜線に上がると新緑のブナ林だ、初々しかった緑も少し落ち着き深みが出てきたような。
ホオの花も、高々と咲いている。

★ つれづれに一句

  霊山の 供花と誇るや 朴の花   yamahiko
    ・れいざんの くげとほこるや ほおのはな


P5250037_collage.jpg

中岳に到着、黄砂で遠望は効かなかったが小休止しよう。
などとやっている内に学生の団体も到着、たちまち大賑わいになって来たのでもう下山だ〜!

P1720513.JPG

P1720515_collage.jpg

行者堂近くのオオヤマレンゲ、一輪だけ咲いていた。
蕾が多いのでこれから次々に咲き始めるんだろうな、これで一安心です。

P5250066.JPG

下山はバードラインを、もう奉幣殿が近くなってきた。

山路の花たち。

P1720520.JPG

ツクシヤブウツギ。

P5250046.JPG

ツクシタツナミソウ。

P5250003_collage.jpg

フタリシズカ、ベニドウダン、クサイチゴ。

P5250053.JPG

キノコ。

P5250065.JPG

クルマムグラ。

お疲れさまでした〜。
今日は山開き前夜祭、私は焼き鳥係で皆さんをおもてなしです。

posted by やまひこ at 04:52| 山行記録

2018年05月25日

老鶯(ろうおう)の声は

 5月25日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P5240012.JPG

紅く空が焼ける頃、その映り込みを撮りたいとスタンバイした亀石坊庭園の池。
待てども待てども昨日は夕焼けにはならず、この後は白く薄ぼんやりとした空になってしまった。

まぁ、こんな日もありますよね。

P5240009.JPG


P5240018.JPG

それでも水面は辺りの緑を映し、これも大好きなシーンの一つです。

そろそろ鳥たちの囀りも鎮まる頃かなと思う時間になってきたが、その中でウグイスの声だけが
ひと際響き渡って来る。
来る春を告げるウグイスの初音を聞くと嬉しくなるものだが、この時期の声は澄み渡り、甲高く
「夏鶯」・「老鶯」と云い、夏の季語にもなっています。

★ つれづれに一句

  老鶯と まだ云ひ切れぬ 艶のあり   yamahiko
     ・ろうおうと まだいいきれぬ つやのあり







posted by やまひこ at 05:41| 日々のあれこれ

2018年05月24日

五月闇(さつきやみ)

5月24日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P5230001 - コピー.JPG

★ つれづれに一句

  覗き見る 心の襞や 五月闇   yamahiko
    ・のぞきみる こころのひだや さつきやみ

「五月闇・さつきやみ」とは、梅雨の頃、又梅雨近い頃に降る雨の、厚い雲に覆われた
暗さを云い、それはその時の心持ちも表しています。

雨上がりのシャクヤクを見て、心情句にしてみました。
イヤ、妄想の句かな。


P1720494 - コピー.JPG


妄想ばかりしていられない、昨日は地元観光協会の総会にも参加したりと、そして
山開きも近づきその準備やら、何だかんだと忙しくなりそうです。




posted by やまひこ at 00:00| 日々のあれこれ